オクトパスウォッチは「教育的な時計」、子供たちに時間管理のスキルを教え、一貫性のあるタスクを実行するように促します。イベントリマインダーは子供のためのルーチンやスケジュールを設定することが出来ます。オクトパスウォッチアプリのイベントとリマインダーの違いについて、この記事で詳しく説明します。

 

オクトパスウォッチのイベントに対し

イベントは、当日の特定の部分で通常起っていることをアイコンで表示します。オクトパスのチームは、時間を告げる前に子供が時間を判断することが出来るように考えました。

 

1. ウォッチの画面にあるイベントアイコンについて

ウォッチの画面が「アイコン」に設定されている場合、ウォッチのボタンが押されるたびに、アプリに設定されたイベントがアイコンに表示します。

イベントは時間を設定、特定の日付けに、または毎週に設定されて、発生します。「例えば、毎週の水曜日」

 

プログレスバーをイベントアイコンの上に表示のオプションがあります。画面の左側から右側に向かって、子供がイベントの出来た分からどれくらい残っているを分かりやすくにずっとアップデートが続きます。

 

イベントは通知を引き起こさず、ボタンを押しても反応しません。

 

2. アナログやデジタル画面のイベントについて

アナログやデジタルに設定されている場合は、イベントはオクトパスウォッチの画面に表示されません。

 

オクトパスウォッチのリマインダーについて

リマインダーは子供は何か思い出させるとします。(つまり:予定や約束とか…)

例えば、子供が決まってる時間に必要があるタスクをする。「お弁当を持って、学校に行く時間です。」

または、アラートにしたら、子供に特別な活動に知らせる:「ギターレッスンの時間です。」


リマインダーの持続時間の毎1分開けに、オクトパスウォッチはアイコンを表示し、オプションで穏やかに振動します。検証を有効にすると、子供はボタンを押すと自分のタスクを達成したかどうかを記録します。

 

リマインダーは、メモに追加されたの詳細とともに、オクトパスウォッチアプリからお知らせします。

 

イベントとリマインダー、または複数のリマインダーが動いている場合、ボタンを押して、画面にオンにすると、オクトパスウォッチに順番に表示されます。